ワクチンの接種間隔が変わります

10月1日より異なるワクチンを接種する際の接種間隔の制限が緩和されます。厚労省の通知に掲載されていた図だとわかりづらいので、シンプルにまとめ直しました。

従来

1) 生ワクチン (注射, 経口) → 他のワクチン:27日以上

2) 不活化ワクチン →他のワクチン:6日以上

2020年10月1日~

1) 生ワクチン (注射) → 生ワクチン (注射):27日以上必要

2) 生ワクチン (注射・経口) →   不活化ワクチン間隔に関する規定なし (翌日でも可) 

                       ※従来は27日以上必要

3) 不活化ワクチン→ 他のワクチン間隔に関する規定なし (翌日でも可)

                       ※従来は6日以上必要

 

不活化ワクチン:4種混合, B型肝炎, ヒブ, 肺炎球菌, インフルエンザ, 3種混合,

        不活化ポリオ

生ワクチン (注射):麻疹, 風疹, おたふく, 水痘, BCG,

生ワクチン (経口):ロタ

 

注意:同じワクチンの場合は、規程の接種間隔が必要です。例えば、B型肝炎ワクチンは、2回目は初回接種から4週間, 3回目は20~24週に接種します。

注意:生ワクチン (経口) の後の生ワクチン (注射)も、間隔に関する規定なしとされましたが、このような状況は通常はないので、上には記載しませんでした。

 

基本的にこれまでと変わりありません。

多少融通が利くようになつたぐらいの感覚でよいでしょう

 

規定変更で想定される変化は、ざっと思いつく範囲では、

1) インフルエンザワクチン (不活化ワクチン) 接種時期と麻疹風疹, 水痘など生ワクチンの接種時期が重なった場合、従来はスケジュール調節が少し大変でしたが、あまり悩まなくてすむようになります。

2) 生後2か月時に、初回のワクチンを、ロタウイルスワクチンを接種していない他院で接種してしまった場合。これはレアケースですが、古くからある内科小児科(患者さんはあまり認識していませんが、内科小児科と記載してある医院は内科専門です)では、こういった事も起こりえます。これまでは、経口生ワクチンであるロタウイルスワクチンを接種すると27日以上の間隔を空けないといけませんでしたが、この間隔の規定がなくなることにより、スケジュール調整がしやすくなります。

 ぐらいかなと思います。

 

当院では、基本的にこれまで通り、新ルール適用の場合は、必ず複数にスタッフで声出し確認、という形でミスないように対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

新型コロナ~小児の特徴と差別対策

この前の木曜日はWebで小児感染症学会を視聴しました。このなかから2つ紹介します。

1つ目は、国内におけるCOVID-19の特徴についてです。2020年10月14日現在、20歳未満は、6,852/89,351名 (8.4%), 10歳未満に限定すると2.5%である。全年齢と同様に、報告数は2峰性(現在は3峰性でしょうか)を示しており、27週 (7月後半)より、無症状の割合が増えている。

日本小児科学会では、会員で有志でネットワークを形成し、症例を登録しており、これまで537例が登録された。これは国内の症例の約7.8%である。感染経路が判明している例のうち、家族内感染が77% (主に父)、幼稚園/保育園(保育士含む)8%, 学校 5% (教員含む)であった。一斉休校が解除された7月以降でも感染経路は家族84%, 幼稚園/保育園 2%, 学校6%と同様であった。これは、休校による予防効果にが限界があること、大人→子どもへの感染が多いことを示している。

感染後の経過は、登録された症例は入院例がほとんどであるが、ICU管理を要した重症例は1歳未満0.4%, 1~4歳 1例の0.4%であった。87%は無症状で軽快しており、死亡例の報告はない。厚労省の報告でも小児の死亡例の報告はなく、海外では重症例4.4%, 最重症0.9%, 死亡例0.1%である。

2つ目は、北陸地方の小児科の先生が新型コロナ感染症の偏見・差別対策に取り組んだお話でした。学校で数名の生徒が発生した時に、まずは学校側に、対策専門の病院ですらクラスターが発生している、学校が責任を感じ謝罪する必要はない、バックアップするということを話したようです。同時に、陽性例すべてのご家族と情報を交換したようです。報道で個人情報がさらされる, 周囲の目があり外出できない, 微熱があったのに登校したと虚偽の情報がながされた, いじめへの不安があり転校を考えているなど不安でいっぱいであったようです。その後、演者の先生と学校が力を合わせて、こども達は問題なく復学できたようです。

演者の先生はその後、各学校を個別に訪問し差別対策についてお話ししたようです。

さらに教育委員会の依頼を受け、感染対策や保護者への説明など取り組みました。根拠のある感染対策に基づいたうえで、フェイスシールドやついたての廃止, 部活動の再開など、子ども達が以前に日常が戻るよう取り組みました。実際に、こうした取り組みの後に感染者は増加しておりません。

最後に、新型コロナが、病態以外の問題からこども達を守ることについても、小児科医が積極的に関与する必要があると、締めくくられました。

 

(コメント)

子どもは休校により得られる感染予防のメリットよりも、精神的不安定などデメリットの方が大きそうですね。先日、文科省より、緊急事態宣言でも一斉休校はしないというコメントがあり、安心しました。「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

北陸の先生の取り組みには刺激を受けました。当院では、新型コロナウイルス感染症の児の経験はありませんが、今後、対応した場合は、病状だけでなく、家族の不安や子どもの精神状態のフォローにも関わっていこうと思いました。

子どもの時の体験は成人期の心の健康への影響する

ここ最近は、まさに「勉強の秋」のような生活が続いています。

最近は、学会とは別にWebで、ソーシャルスキルレーニンについて勉強しました。

言語力とコミュニケーション力に分けて考えないといけない事、いきなり会話のやりとりを目指すのではなく、色々な段階があることを学びました。

また、インリアルという手法も勉強しました。言語を獲得する前段階の子に遊びを通しアプローチする方法です。指示や命令ではなく、子どもの様子を見ながら、子どもに合わせてアプローチします(でも、自分が司会進行役を務めます)

 

今日は、11/20まで、Web配信されていた、日本児童青年精神医学会の中で学んだことを、記事にします。記事というか完全に私自身のメモですが😅

 

子どもの時の体験( 養育・虐待)が個々のパーソナリテイ (一人の人間を包括的に意味する心理学の概念。個人の素質と環境との相互作用から形成され、人間の行動を規定するもの。人格) に影響し、 大人になって受けるストレスとともに、成人期の心の健康度にも影響するという内容でした。

 

一般成人401名に幼少時の頃の養育状況を調査した検討が紹介されました。

1) 小児期の虐待は成人期の神経症的特質、うつ症状、出来事の否定的評価に影響

神経症的特質とは

神経症(不安障害)と森田療法〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団 (mental-health.org)

 

2)小児期の いじめ→成人期の神経症的傾向→成人期のうつ症状

 ※いじめはうつ症状に直接影響はしない

虐待はいじめと関連。

小児期の虐待→小児期のいじめ→成人期の神経症的傾向→成人期のうつ症状

 

3) 過保護でも、小児期の過保護→成人期の神経症的特質→出来事の評価→成人うつ症状

              →成人期のうつ症状

4) 小児期の過保護→成人期のレジリアンス(抵抗力・回復力)低下→ストレスに弱い、仕事のストレス↑

 

 (コメント)

過保護も成人期のうつ症状に間接的に影響するということが興味深かったです。保護者が先回りしてやってあげるタイプだと、子どもは「最初は、僕だってできるのに・・」と思うものの、徐々に「どうせ自分はできないから親にやってもらえばいい」と変化していくのかもしれません。そうなると、大人になり、困難が起きた時に、打たれ弱くなってしまう。子育ては手取り足とりというよりは、基本は見守り、困ったときはお助けマンというスタイルがよさそうですね。

 

スタッフの勉強会を実施しました

昨日は昼休みに、スタッフ向けの勉強会を実施しました。本来なら私が毎日プリントを作成し5-10分のミニ勉強会を行うのが理想ですが、今は自分のことに手一杯で実現にはまだまだ時間を要しそうです。今回は、製薬会社主催のWeb講演会のオン・デマンドを視聴しました。

内容は、10月1日に、ワクチンの接種間隔が変更されたのですが、変更により起こりうる新たなリスクについて学びました。

まず、新しい接種間隔変更の内容ですが、

1) 生ワクチン (注射) → 生ワクチン (注射):27日以上必要

2) 生ワクチン (注射・経口) →   不活化ワクチン間隔に関する規定なし

(翌日でも可)  ※従来は27日以上必要

3) 不活化ワクチン→ 他のワクチン間隔に関する規定なし (翌日でも可)

※従来は6日以上必要

となります。

これまでは、直近のワクチン接種歴だけを確認すれば良かったのが、最新の生ワクチンの接種歴を確認する必要がでてきました。

例を示します。

生後11か月20日でBCGワクチン(生ワクチン) を接種。11月27日にB型肝炎ワクチン3回目 (不活化ワクチン)を接種。1歳10日に麻疹風疹ワクチン(生ワクチン)を含む5種類のワクチンを接種。 

これはどこがミスになるかお気づきになりましたか?

BCGワクチンと1歳時の麻疹風疹ワクチンが生ワクチン同士ですが、間隔が27日空いていないのです。これまでの習慣で、直近のワクチンだけを確認すると、間違える可能性があります。(これまでであれば、B型肝炎はBCGから1か月空けないといけなかったので、このようなミスは起こりえませんでした)

 

また、同じワクチン同士の接種間隔も注意しないといけません。

B型肝炎ワクチンは、2回目は初回接種から4週間, 3回目は初回接種から20~24週に接種します。例えば、1回目のB型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)を生後2か月15日、2回目のB型肝炎ワクチンを生後3か月15日で接種, BCG(生ワクチン)を生後5か月0日で接種したとします。その後、次のB型肝炎を、生ワクチンの後はいつでもいいから・・と考えて、生後5か月15日に接種すると、接種間隔の間違いとなってしまいます。不活化ワクチンはいつ接種してもよいからとだけ考えていると間違いの原因となりるのです。

 

講演の終了後は、スタッフ全員から1言ずつコメントをもらい、皆でミスしなかったが、ヒヤリとしたことを共有しました(病院用語ではヒヤリハットといいます)。

全員からコメントをもらうようにすると、緊張感があっていいですね👍 終了後

は皆、充実したいい顔をしていました。

 

話しは変わりますが、昨日は県より、医療機関への感謝ということで、ギフトカタログをいただきました。障がい者就労施設産品より選ぶこととしました。スタッフ一同でいただき、コロナと戦う英気を養っていきますね⚔

 

f:id:teammanabe:20201128053231j:plain

f:id:teammanabe:20201128053258j:plain


 

 

 

 

 

受験生よ ストレッチをしましょう

昨日は、月1回のDr.ストレッチに行ってきました。通い始めて1年5か月、途中コロナで4か月いけない時期もありましたが、成果は出ています。最初、前屈をした時、両指は地面より20cmの高さにあり、さらに腹筋もつるという無残な状態でした。自宅でも毎日ストレッチを続け、今では指の関節2つ分まではつくようになりました。肩こりや腰の張りも完全には良くなりませんが、数日間さぼると悪化するので、ストレッチは大事なんだなと思います。

ここ最近、中学3年生で、後頭部の慢性的な頭痛を訴え受診する子が数名おりました。

これは「緊張型頭痛」といって、長時間にわたって首や肩に負担がかかる不自然な姿勢を続けることが誘因となることも多く、うつむきがちな姿勢となりやすい長時間のドライブやデスクワークなどのほか、高さの合わない枕の使用などにより引き起こされれます。

特効薬はなくストレッチが一番です。僧帽筋のストレッチで一番分かりやすかったサイトを紹介します。【 初心者向け 】僧帽筋 ストレッチ法 | みどり堂整骨院 (midoridou.jp) .

左右両方をやり、後は、両手で頭を抱え込み、おへそを見ましょう。首の後ろ全体が伸びる感じがすればOKです。

その他、肩甲骨はがし、などありますが、ご希望の方には診察室で紹介します。

後は、暖かいお風呂にゆっくりつかること、睡眠は最低でも1日6時間以上確保すること

できれば7時間以上)が大事です。

それでは、受験生の皆様、体調管理に気をつけつつ、残り約2か月半頑張ってくださいね。

 

 

 

 

 

日本児童青年精神医学会 参加記4~ 災害時における子どもの心について

11/20まで、Webで日本児童青年精神医学会が配信されていました。その中で学んだことを、記事にします。記事というか完全に私自身のメモですね・・・。

 

今日は、災害時における子どもの心について、です。

 

・成育医療センターが実施した、コロナ×こどもアンケート調査によると、何らかのストレス反応を呈している子どもは、

第1回 調査 (2020/4/30~5/21) 75% 

「コロナ×こどもアンケート」第1回調査報告書 | 国立成育医療研究センター (ncchd.go.jp)

第2回調査 (2020/6/15~7/22)  約72% 

第2回調査報告書「コロナ×こどもアンケート」 | 国立成育医療研究センター (ncchd.go.jp)

 

【災害時の子どもの心理的反応に影響する要因】

自分や家族の被害が大きいほど、PTSD, 抑うつ, 全般性不安の程度が大きい

1.年齢について

学齢期:恐怖, 睡眠障害, 分離不安, 遊びによる災害の再現

思春期・青年期:集中困難, ひきこもり, アルコール, 自我同一性の形成の混乱

2.性別について

女児の方が、災害に伴う精神状態が悪化

女児:罪悪感など情動的な反応を示すことが多い

男児:学習困難や集中の問題など、認知あるいは行動上の問題を示すことが多い

 

【災害時の心理的反応からの回復】

・子どもと成人の違い:親, 家族, 学校, 友人の影響が大きい

           教師の支援を要する

・自己効力感, 積極的対処や問題解決能力, 自己調整力, 支持的な社会システムが回復

 に関係

・コミュニティの回復早いと心理的反応の回復も早い

・大規模災害や人為災害 (テロリズムなど)では、心理的な悪影響が長期にわたる

 

(コメント)

最近は、新型コロナの影響により、心理的反応を起こしているお子様を見ることは少なくなりました。しかし、今後も、保護者の方の経済的不安に伴う児への影響や現在の感染者急増に伴う影響には注意が必要と思います。当院が少しでもご家族にとってカゼ以外の事も相談できる場、癒しの場となれるようスタッフ一同で取り組んでいきたいと思います。

 

 

イベント~たすく 教材マスターの集いMAX ~発達障がいのある子の今の充実と未来への備え~

今日は、たすくのイベントを紹介します。

タイトルは、教材マスターの集いMAX

~発達障がいのある子の今の充実と未来への備え~

内容は保護者の方の療育実践発表です。

悩みながら、子育てをし、次の目標を確認してステップアップしてきた実践です。
子育てをされているご家族だけでなく、保護者やお子さんに関わる支援者の皆さんに知っていただきたい内容です。

 

日 時:令和2年12月13日(日)9時30分~12時00分
                (9:15には繋ぎ始めます)
方法:オンラインにて開催(ZOOMを使用します)
受講料:3,000円 
  ※各種割引がございます。詳しくはご案内のチラシをご覧ください

 

鎌倉教室2020年度 教材マスターの集いMAX冬〜発達障がいのある子の今の充実と未来への備え〜 | Peatix

国立教室2020年度 教材マスターの集いMAX冬〜発達障害のある子の今の充実と未来への備え〜 | Peatix

(↑オンラインでのチケット販売サイト:peatixにアクセスします)

 

たすくとは、発達障がい児への療育を専門とする株式会社です。

私が特に素晴らしいと思う点は、

1) 成人期以降も見据えた、一貫・継続した支援

(他社だと、就学したら部門が変わり数年待たないといけないこともあります)

2) 1つだけでなく色々な療育を取り入れたアプローチ

 (応用行動分析だけでなく、体作り、環境調整などトータルアプローチが重要です)

3) 保護者が家庭でも療育を継続できるように、保護者と一緒に療育を行います

(療育は日々の継続が重要です。保護者は見学、では家庭療育は難しくなります)

4) 先生方はみな経験豊富な専門家。一緒に飲み語りしたいぐらい熱い先生方の

集まりです。

 

以下は、たすく関連の過去記事です。

 

teammanabe.hatenablog.com

 

 

teammanabe.hatenablog.com

 

 

teammanabe.hatenablog.com

 

 

 

新聞記事より:新型コロナ 妊娠中の母子感染の可能性

皆様3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は初日は診療, 2・3日目は自宅から車で30分ぐらいの大きな公園で過ごしました。道路はいつもの日曜日よりも空いていました。公園の駐車場は比較的混んでいましたが、広い公園のためか、密になることはありませんでした。都心,北海道や沖縄の人では昨年比-25%ほどであったのに対し、箱根は+90%だったようですね。

 

さて、今日は11月22日の新聞記事を要約しました。なかなか英語の論文をきちんと読み紹介できず申し訳ありません・・・。

妊娠中の母子感染の可能性が国内外で報告されている。ウイルスの感染経路として、1.胎盤や臍帯血 (母親の血液のウイルスが胎盤を通る)2.膣 (胎児が膣にいたウイルスに触れる), 3.羊水 (膣にいたウイルスが子宮内の羊水に入り込む), 4.母乳 (出産後に与えられる母乳にウイルスがいる)、などがあげられるが、新型コロナの場合、胎盤を通じたルートが最有力とみられている。

【海外からの報告】

1.米国のチームによる39本の論文報告の分析 (7月)

感染した妊婦より出生した936人のbabyが48時間以内に鼻腔のPCRを受け3.2%が陽性

2. フランスの研究チーム (7月)

新型コロナに感染した母親と帝王切開で生まれた赤ちゃんの両方の血液からウイルスを

検出→経胎盤感染を示唆

3.イタリアのチーム (10月)

胎盤, 臍帯血, 羊水, 母乳などのウイルスや抗体を調べたところ、胎盤や臍帯血からウイルスを検出した

【Drからのコメント】

1.国立国際医療研究センター・赤松智久先生

理論的には妊娠中に胎児への感染が起こりうるのは間違いないが、頻度や症状については判断できるほどの例数はなく、今後の調査が必要。

2.昭和大学・関沢明彦産婦人科教授

国内では疑わしい例はあるが、証明された例はない、過度に心配する必要はないが、妊婦は人混みを避けるなど注意しつつ、一緒に暮らす家族もウイルスを持ち込まないよう気を付けてほしい