引き続き (火) (金) の15:00~16:00をカゼ症状なしの方の時間帯とします& 感染拡大対策にご協力お願い致します

今日から診療再開ですが、引き続き、(火) (金) の15:00~16:00をカゼ症状なしの方の時間帯とします。

f:id:teammanabe:20210820051021j:plain

カゼ症状の定義:発熱、咳嗽、腹痛、嘔吐・下痢

喘息発作による呼吸困難や食物アレルギーによるアナフィラキシーなど緊急対応を要する可能性のある方はご連絡ください。

 

つづいて、新型コロナ感染症対策へのご協力のお願いです。

 

1.院内が密になってきたら、院外でお待ちいただく場合があります

院内の込み具合により、受付スタッフより、院外でお待ちいただくことをお願いする場合があります。診察の順番が近くなったら電話連絡いたします。

2.発熱がある場合、以下に該当する方は必ず事前にご連絡をお願い致します。

・ご家族や周囲に新型コロナウイルス感染者と濃厚接触者がいる

・家族にカゼ症状の方がいる場合 (発熱でなくても)

・学習塾に通っている

3.マスクは、不織布マスクを鼻まで覆った状態でご来院ください

(お子様もマスクの装着が可能な場合は在院中だけでもお願い致します)

 

teammanabe.hatenablog.com

 

4.院内での会話は最小限でお願いします

5.外にも消毒液を設置します 

7.付き添いの方は最小限でお願い致します。

 

 

 

外国人患者さんの特徴

当院は外国人患者さんも少なくありません。できる範囲でより良いサービスが提供できないかと思い、この本を手に取ってみました。

南山堂|臨床看護学|医療現場の外国人対応 英語だけじゃない「やさしい日本語」 (nanzando.com)

読み終えて大変勉強になりました。これはスタッフ全員必読にしようと思います。

この本のポイントを、著者に迷惑をおかけしない範囲で、2回に分けて紹介したいと思います。今回は、医療機関を受診する外国人患者さんの現状についてです。

 

国内在住の外国人の方が困っていることの第1位は医療 (56%)で、子育て中の方に絞ると72.5%が困ると答えているようです。

a70d5ac7db12bd5c538a3b38f2a01613c262657e.pdf (tokyo-tsunagari.or.jp)  p.8

 

在留外国人の多数派はアジア人で、ここ最近はベトナムの方が急増しております。

f:id:teammanabe:20211024190123j:plain

https://www.moj.go.jp/isa/policies/policies/nyuukokukanri06_01127.htmlyより

したがって、英語が最重要ではなさそうです。

外国人住民の日本語レベルの調査結果によると、なんと約90%が日常生活に困らない程度に日本語で会話できるそうです。

001226182.pdf (moj.go.jp)  p.18

f:id:teammanabe:20211024190955j:plain

https://www.moj.go.jp/content/001226182.pdfより

また、文化庁による調査によると

日本語に対する在住外国人の意識に関する実態調査 | 文化庁 (bunka.go.jp)

ひらがなを読める人が84.3%で、ローマ字が読める人の51.5%を大きく上回っています。イメージと全然違いますね💦

 

まとめ

在住外国人の方の特徴は

1.アジア出身が多い

2.日本語の会話ができる

3.ひらがななら分かる

ですね。

結論として、外国の方には、

1.やさしい日本語を使うことを心がける

2.ひらがなでの説明を心がける

とよいことになります。

 

 

【療育施設訪問記】ぱれっとやまと

10/14 (木)は、ぱれっとやまと(発達支援ぱれっと)に挨拶に伺いました。当院にかかりつけの方が何名かお世話になっているからです。

ぱれっとやまとは、就学前・就学後のお子様に個別あるいは集団療育を提供する児童発達支援事業です。母体の社会福祉法人すずらんの会(社会福祉法人すずらんの会,障害者支援,神奈川県相模原市,障害者雇用)は、就労支援事業, グループホームなど幅広いサービスを提供しております。私の目標(今はまだ妄想)を実現している法人さんです。

ぱれっとやまとぱれっと (小田急相模原) が18歳までの発達支援部門になります。 

小田急鶴間駅で下車し、線路沿いを「小林国際クリニックってここにあったんだぁ」

と思いながら進んでいくと看板があり、迷わずに到着できました。所長の斉藤さんに施設内を案内していただいた後、お話する時間をいただきました。スタッフはぱれっとぱれっとやまとを合わせて心理士さんと言語聴覚士さん9名で構成されています。

なんと全員が専門職です⭐ お子様の状態をアセスメントし、オーダーメイドで療育内容が考えられておりました。就学後も一貫した継続した支援を受けられるのが素晴らしいと思います。(LITALOCOなど、株式会社が展開している発達支援は就学前で切れてしまうところが多いのです)。斉藤さんとはお互いの療育観など熱く1時間も語ってしまいました。初対面にかかわらず、思い切った質問をたくさんしてしまいました💦 

ぱれっとやまとの皆様、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。今後とも、連携したお子様の支援、よろしくお願い致します。

 

 

【論文紹介】小児におけるダニ舌下免疫療法の治療1年後の効果と安全性~成人との比較

当院では、スギ花粉症とダニによる通年性アレルギー性鼻炎の方を対象に舌下免疫療法を行っております。

teammanabe.hatenablog.com

この治療に関する論文を随時紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは、

タイトル:小児通年性アレルギー性鼻炎に対するダニ舌下免疫療法における成人と比較した治療1年後の効果と安全性

筆頭著者:湯田厚司

雑誌:アレルギー2021;70: 186-194. 

です。

 

ざっくりとしたポイント

通年性アレルギー性鼻炎に対する、ダニ舌下免疫療法により、

・小児・成人ともに治療1年後に症状は改善 ( 約70%は改善or軽度改善)

・小児・成人ともに薬物スコアも改善 (=治療薬の減少)

・小児・成人ともに副反応は60%弱であったが重篤な副反応はなし

・小児と成人で治療効果・安全性に差はなかった。

 

研究の概要

・対象:ミティキュアRダニ舌下錠による免疫療法を継続している症例

・評価項目:治療開始から1年後の症状と開始1年間の副反応 

症状については、

a) 日本アレルギー性鼻炎標準QOL調査票 (JRQLQ No.1)による症状スコア

調査記入日の最近1~2週間の間で最もひどかった症状を患者自身が記載

内容は以下のリンクと同様です(このリンクでは花粉症となっていますが内容は同じ)

日本アレルギー性鼻炎標準QOL調査表

b) 視覚的アナログ尺度 (Visual analog scale: VAS)  

調査記入日より1週間のくしゃみ、鼻汁、鼻閉、眼のかゆみについて患者自身が記載

VASとは? 日本ペインクリニック学会

c) 併用薬物スコア

ヒスタミン薬/抗ロイコトリエン薬 1点

ステロイド点鼻/ブロイドエフェドリン・抗ヒスタミン薬配合薬 2点

d) 重症度分類と重症度改善

a)のJRQLRのくしゃみ, 鼻汁, 鼻閉の3症状の中でもっとも悪いものを重症度とした

最重症 (スコア4), 重症(スコア3), 中等症(スコア2), 軽症(スコア1), 全て無症状(スコア0) 

1年後に重症度が2段階改善あるいは無症状となった例を改善, 1段階改善を軽度改善

e)副反応の確認

 

✎結果

(1) 対象例

218例のうち20例が脱落 (そのうち副反応を理由の脱落は3例)

f:id:teammanabe:20211019045416j:plain

文献より改変して引用

(2) 症状の改善

f:id:teammanabe:20211019045656j:plain

文献より引用

成人がグレイの線、小児が黒い点線です。小児・成人ともに治療開始から1年後にくしゃみ, 鼻汁, 鼻閉, 眼のかゆみの各症状が改善しています。治療前後の変化は、小児と成人で差がありませんでした

(3) 薬物スコア

f:id:teammanabe:20211019050424j:plain

文献より引用

小児・成人ともに治療開始1年後に薬物スコアが有意に低下しております

(1部の患者さんは治療薬を減らせたということです)

 

(4) 重症度改善

f:id:teammanabe:20211019050134j:plain

文献より改変し引用

成人・小児ともに治療開始1年後の時点で約40%の患者さんが明らかな改善を認めています。なお、小児と成人で治療効果に差はありませんでした。

 

(5) 副反応

・小児では70/121 (57.9%)、成人では45/77 (58.4%)に副反応をみとめましたが、処置を要する例はありませんでした。

・小児と成人で副反応の出現率に差はありませんでした。

副反応による一時的なアレルゲンの減量を要したのは、小児11例 (9.1%)と

    成人9例 (11.7%)でした

・副反応の出現時期は治療開始から1ヶ月以内が多く、維持期で落ち着いた時期の副反応が小児6例 (5%)と成人2例 (2.6%)でした。

副反応の多くは治療2ヶ月以内に消失し2ヶ月を超えて持続した副反応は、小児7例 (5.8%, 最長6ヶ月), 成人6例 (7.8%, 最長6ヶ月)でした。

 

結論

ダニの舌下免疫療法は小児と成人で効果と安全性に差がなく、ともに1年後に症状の改善がみとめられた

 

✎感想

患者さんに治療効果と安全性を説明できる貴重な報告です。ただし、治療効果はプラセボ効果も含まれているのかなと思います。アレルギー疾患はプラセボ効果が出やすいのです。まあ、病は気からというし、それでも良いかもしれないのですが・・・。

後はある程度の重症例に絞った解析も知りたかったですね。そうすれば患者さんの状況により具体的な説明ができると思います。

【副院長の日記】久しぶりの集団接種

昨日は、早朝は日本アレルギー学会のオンデマンド配信で、今学会の会長の永田真

先生の講演を視聴しました。これまで、母校の埼玉医大出身者で初の教授になったことと免疫療法に力を入れているなぐらいしか存じ上げませんでしたが、これまでの臨床と研究における先生のお仕事を知ることができ、ますます尊敬の念が深まりました。

特に私の苦手な基礎研究の説明がとてもわかりやすかったです。学んだことはたくさんありますが、インパクトがあったのは、

ダニの免疫療法により、喘息の経過も改善する例が存在する

 (現時点でわが国におけるダニ舌下免疫療法保険適応はアレルギー性鼻炎のみ)

・アレルギー検査でダニへの反応がなくても、環境中のダニに暴露されることで、好酸球というアレルギー反応に関与する物質が産生・活性化される 

ダニに反応がない人でも環境中のダニ対策を行うことで、喘息のコントロールが改善することがある

午前中は、歯科、ストレッチと体のメンテナンスをし、昼は野菜ラーメンを食べ、いざ

集団接種会場 (かしわ台の北部体育館)へ。会場近くの川、夏に見たときは汚いなと思ったのですが、昨日は水が済んでいるように見ました。

f:id:teammanabe:20211022050738j:plain

新型コロナワクチンの集団接種、昨日は360人ほど。30~40歳代の方が中心でした。

基礎疾患や服用している薬もなく、65歳以上中心の方の時とは別世界でした。

当院かかりつけの保護者の方も何人か声をかけてくださり嬉しかったです。

時々発生するすきま時間を使い、アレルギー関連の雑誌を1冊読むことができました。

予定時間より早く終わったため、節約と運動をかねて、さがみ野駅まで歩きました。

途中で奥まったところにお豆腐屋さんを発見。冒険好きな私は当然突撃します。

f:id:teammanabe:20211022051131j:plain

https://sorasu2.blogspot.com/2018/12/100.html

小豆クリーミー豆腐、ゴマクリーミー豆腐、がんもを買って帰りました。小豆クリーミーは小豆の甘みと濃厚な豆腐が時間差で口の中に広がり絶品でした (味の評論のボキャブラリーが少なくすみません💦)。運動もかねて時々足を伸ばそうと思います。

今週末も、インフルエンザワクチン接種。止まらず走り続けるぞ~

【本の紹介】新型コロナの大誤解

今日は、本の紹介をさせていただきます。タイトルは「もうだまされない新型コロナの大誤解」, 著者は国立病院機構仙台医療センター西村秀一先生です。西村先生は、

CDCや国立感染症研究所での勤務歴のある先生で、新型コロナと同じような感染経路をとる、インフルエンザがご専門です。

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本) | 西村秀一 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazon

本の主な内容としては、新型コロナは接触感染のリスクは少ない, 換気され空気が循環している場所では感染のリスクが低い、ことが理論的に説明されており、これを理解することで、withコロナの時代を今より気楽な気持ちで過ごせる一助となるかなと思います。ただし、3密の避と不織布マスクの装着の重要性は繰り返し強調されていました。

私もこの先生とほとんど同じ考えだったので、当院はこれまでポイントを押さえた対策をしていたんだなと改めて思いました。

私はこの本を読んだ後、狭いし、フーフーしながら食べるので、リスクが高いと誤解していた (実は、匂いが充満しないよう強い換気がされているので比較的安全地帯), ラーメン屋さんで食事を楽しむことができました。

多くの方に読んでいただきたい1冊です。withコロナの生活を、ポイントを押さえ、今よりも気楽にすごしましょう。

f:id:teammanabe:20211012051324j:plain

 

息子との他院視察

先日、妻に頼まれ、息子を自宅に近い皮膚科に連れて行きました。今回は2回目の受診で、前回は処置を受けております。9時からと思っていくと、なんと診療開始は9時半から😲すごく分かりづらい場所にあるし (10年以上暮らしていますがそこに皮膚科があることも知りませんでした)、この医院はやる気あるのかな?と不安になってきました。9時20分に院内に入れるようになり2番目に受付。その後、患者さんは密にならない程度に入ってきました。知る人ぞ知る地域の医院という感じなのかな。息子の名前が呼ばれ処置室へ通されました。古い医院で受付の後ろに紙カルテがたくさん見えたので、電子化はしていないなと思いましたが、先生の机には電子カルテがありました(残念ながらメーカーは分からず)。やはり外科系の処置室は広く設計してあるのかな?と見ているうちに、おそらく60代の先生がやってきて、「どれどれ~」と言いながらさっと処置を始めました。息子は「痛い~とか冷たい~」とかいいながらも暴れずに処置を終えてくれました。先生は「2週間後ね~」とだけ言い残して去って行きました。すごくあっさりしていましたが悪い感じは受けませんでした。逆に、私の説明はくどいときもあると自覚しております😅 超シンプルな説明を希望される方は事前におっしゃってください。アレンジして対応いたします。

診察開始の遅い理由や医院の存在をあまりアピールしていない理由がよく分かりました。この皮膚科さんは、おそらく後継者がいらっしゃらず、現状維持で続けていこうというスタンスではないかと思います。おそらく当院も私がいなければ同様の感じだったのかなぁ、など考えながら帰路につきました。

良い先生だったので、私も今度診てもらおう (医師は自分には処方できないのです)

 

【過去記事の微変更】間違えに注意~もう1つのまなべ小児科

10/16 (土)より当院での今シーズンのインフルエンザワクチン接種が始まりました。

初日は皆かかりつけの方で流れを熟知していらっしゃる方ばかりだったので、とてもスムーズで、密にならず、予定より早く接種が終わりました。

 

ところで、この時期に毎年数人の方より、間違い電話があったり、他院の問診票をダウンロードしてきてくださる方がいらっしゃいます。

なんと、四国に当院とすごく似ている小児科医院がありました!

 

高知県のまなべ小児科・循環器科クリニックさんです

manabe-child-clinic.com

 

共通点はたくさんあります。

1. イラストが眼鏡をかけている

2.専門が循環器 (当院の院長は循環器が専門です)

3.院長先生の名前が也 (私の名前が治)

 

なんだか親近感が湧いてきました😊

いつか学会などでお会いする機会があるといいナ。

 

昨日より寒くなりましたね。風呂上がりに靴下を履くように言ったにもかかわらず、いうことを聞かなかった息子はさっそく鼻汁を垂らしてます💢

睡眠・食事をしっかり取り、体調を崩さぬよう気をつけましょう。