【1歳6か月健診】幼児の言語の発達について

クリニックで個別に実施している1歳半健診で、お子様の発語に関する相談を時々いただきます。幼児の言語の発達から考えないといけない事についてお話ししていきます。

【幼児の言葉の発達】

1.発語について

1歳4~5か月児の98%が単語2語出る

1歳6~7か月児の93%が単語3語出る

→ 1歳6か月の時点でほとんどの児が単語2語を話すので、発語のない場合は、発語の遅   れがあると考え、注意が必要。

 

・1歳6か月健診の時点で男児の約85%,女児の約93%で5語以上の自発語が
みられ,男児の約2%,女児の約1%は無発語であった。

(平岩幹男:言語発達の遅れ.小児科診療70:433-38. 2007)

 

2.言語理解については

・1歳4か月児の90%は「~を取ってきて」など簡単な指示を理解

・1歳9か月児の90%は身体部位の指差しができる

               (諸岡啓一:言語発達遅滞の診断と早期介入.脳と発達37:131-138,2005)

 

3.予後について

1歳6カ月時に発語がみられなかった場合約50%で3歳児健診までに発語を認め,1歳6カ月時に1~4語であった児の70~80%は3歳健診で単語の増加を認めた。残りの児は発達障害が顕在化する

(平岩幹男:1歳6か月ころの健診.乳幼児健診ハンドブック その実際から事後フォローまで.診断と治療社,50-51,2006)

→不安をあおってもいけないし、詳しく問診せずに安易に「様子をみましょう」と言ってもいけません

 

4.想定されること

発語だけでなく、周囲に人の話し声が聞こえているか , 言語を理解しているかどうか ,

周囲の人との非言語的なコミュニケーションが取れるかどうか (指差し、アイコンタクト), 器質的・機能的に発声できるかなどが大事です。

主に考えないといけないのは、難聴, 精神発達遅滞, 自閉スペクトラム症, 表出性言語遅滞です。

f:id:teammanabe:20210411055514p:plain

(太田さやか:表出性言語発達遅滞.小児内科 Vol. 46 No.11,2014-11)

 

当院では、1歳6か月健診で発語のなかったお子様については、丁寧にお話を伺いながら約3か月ごとに経過をフォローさせていただいております。

 

 

Chat-GPTより作成

 

本の紹介「仕事が速い人はどんなメールを書いているのか」



 今日は「仕事が速い人はどんなメールを書いているのか」平野 友朗著を紹介します。

これまで、仕事のスピードとメールの返信速度は相関するぐらいしか思っていませんでした。この本を読むことで、仕事が速い人はメールで、相手が持つである疑問に先回りすることや自分から面談の日程を提示することなど、常に主導権を握ることで仕事を早く進めているということが理解できました。

 

 本に書いてある内容のことは、開業前の勤務地の相模原病院で鬼のように優秀な上司の先生のメールを真似していたので、なんとなく身についていました。

 例えば、相手に分かりやすいようになるように箇条書きにする、選択肢を提示する、読んでもらう件名を意識するなどです。

 

 よい復習になりつつも、新たに得たこともありました。特に、面白いなと思ったのは、ケンカ腰の相手のいなし方で、件名を変えるというのは、なるほどと思いました。ついRe.で返してしまいますが、件名を見るたびに相手の怒りがよみがえるリスクがあるようです。

 

 この本を読んで、とても良い復習になると同時にもっと効率よいメールのやり取りができるはずとこれまでのムダを後悔しました。簡単にできるものではありませんが、主導権を握ることを意識しながらメールのやり取りを進めていきたいと思います。

 

 

お母様からの質問「腕の青いアザは消えますか?」

 今日は、ワクチンや健診時に時々いただくご質問である、「腕の青いアザは消えますか?」に回答します。

まずは結論から。

これは、異所性蒙古斑で自然に消退する可能が高いです。経過観察でよいと思います

  (形成外科学会HP https://jsprs.or.jp/general/disease/umaretsuki/hifu/otabohan.htmlより)

 

通常の蒙古斑は通常は臀部にあります

形成外科学会HPより

異所性蒙古斑とは、体幹や四肢に出生時にみられる淡青色~青色の斑で10歳頃までに自然消退するといわれています。したがって、基本的には経過観察となります。

 

その一方で、色調が濃く境界鮮明な色素班の場合は乳幼児期にレーザー治療を行う方が有効性が高いとされています。成長とともに皮膚は厚くなっていくため、レーザー治療は、小児期の方が治療効果が高いと考えられています。生後3か月頃からレーザー治療を行い、2~3回程度の治療で色調が薄くなった時点で経過観察します。自然消退が期待できることや過度の照射により脱色素班を生じる可能性があるからです。2,3歳までに改善がみられることが多いようです。

 

以上より、当院では、基本的に経過観察ですが、色調が濃くかつ保護者の方のご希望がある場合は、形成外科へ紹介いたします。

 

 

 

【再投稿】ヘルパンギーナと手足口病の違いは?

今日は、手足口病とおなじ夏かぜであるヘルパンギーナについてお話します。

 

1.原因ウイルスは?

エンテロウイルスのなかのコクサッキーA4 (CA4)が多く、次いで、CA6・5・10型が多いと報告されています。あれ? CA6は最近の手足口病の主要な原因ウイルスでもありましたね。毎年6~7月に流行のピークがあります。

2.どんな症状が出るの?

・発症年齢は1歳代に多く、ほとんどは4歳以下です。

・潜伏期は2~4日

突然の発熱に続いて、喉が赤くなり、口腔内に小水疱が出現します (痛みを伴います)

 

https://mina-fam.clinic/blog/archives/627/より引用

発熱は2~4日程度で解熱します。

・多くは予後良好ですが、まれにウイルス性髄膜炎を合併することもあります

3.治療は?

特効薬はありません。自然に軽快するのを待ちます。

ぐったりしている時は解熱剤を使用します。

発熱と口腔内の疼痛により、水分摂取ができない場合は、点滴あるいは入院加療を要する場合があります。

食事は、刺激のある食べ物 (辛みや酸味のある食べ物、熱い食べ物)は避けましょう。プリンやゼリー、アイスクリーム、ヨーグルト、栄養のある薄味のスープ、そうめんなど、子どもが食べやすいのど越しのよいものを、数回に分けて少しずつ食べさせてあげるとよいでしょう。 

4.登園の目安は?

手足口病と同様に、24時間解熱し、食欲が普段通りとなれば登園可能です。

5.手足口病ヘルパンギーナの違いは?

両者を区別する意味はあまりないかなと思います。原因ウイルスが共通しているからです(特にCA6)。治療方針も同じですね。最初に、喉の所見よりヘルパンギーナと診断した翌日に、手足を中心に発疹が出てくることはしばしばあります💦でも、患者さんの側からみると、誤診なのでは?と思ってしまいますよね。ですから、私は「発疹がでなければヘルパンギーナ, 発疹がでれば手足口病」と説明しております。

他の小児科さんも同様の悩みを持ち、似たような対応をされているみたいですね😃

https://twitter.com/nuno40801/status/1555718977413791744

 

 

 

 

 

【本の紹介】頭のいい人が話す前に考えていること

頭のいい人が話す前に考えていること

 

今日は、「頭のいい人が話す前に考えていること」著者:安達 裕哉

を紹介します。

 

人とうまく話すには、お世辞を随所にちりばめないといけない, 空気を読まないといけない, 口がうまく流暢に言葉が出ないといけない、など思っている方は少なくないのではないでしょうか?

実は私もこの本を読む前まではそのように思っておりました。誰でも少し意識をすれば

もっと上手なやり取りができ、仕事やプライベートに生かせるコツが書かれています。

すでに分かっている部分もありましたが、著者が言語化してくれたことで頭の整理もできました。

 

本では10項目ありましたが、ざっくり2つのポイントにまとめると、

① 原則として、話を聞くこと中心で。相槌や共感など表面的なテクニックではなく、質問を深堀りしていく。自分は~と続けない。

② アウトプットする場合は、意見と事実はきちんと分けて話す, 自分の話したことと反対意見についても話す

 

さっそく色々な場面で意識してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

オススメ!【本の紹介】時間管理大全 

今日も、本の紹介をさせていただきます。今回は、「マンガで成功 自分の時間をとりもどす 時間管理大全」中島 美鈴 (著), あらいぴろよ (著) を紹介させていただきます。

やるべき事が多くて、生活がうまく回っていかずに悩んでいる方って少なくないと思います。かくいう私もあてはまります。この本は、そんな人にオススメです。

プラン通りにやるべきことをこなせない人の特徴として、1)抑制制御力が足りない(がまんが苦手), 2) 時間処理が苦手(時間感覚が不正確), 3)報酬系の問題(1時間後の100円よりも目の前の10円がほしい)があります。

タスクをこなすステップとして、1) スタート (はじめの一歩) 2)プラン 3) モニタリング(進捗状況によるプランを修正する) 4) 脱線防止(他のものに気を取られずにやりぬく)がありますが、程度の差はあれこの4つでつまずいています(本内ではこの4ステップを”すぷもだ”と呼んでいます)。

本の中で、中学生~社会人までの色々なケースをあげ、4つのステップのつまずきを認識し、対策をたてていき、仕組み作りで解決することを示してくれています。

 私も、自分で一定以上の量の仕事をこなせると錯覚しており、やりたいことを携帯のメモに書き連ねていましたが、自分の自由になる時間を把握し、表に長期計画を記載することで無謀であったことを自覚でき、現実的な計画に修正しました。今朝、コンパスでスタッフに話したら爆笑でした。最優先事項として、事業所の1年間の必須の研修の大枠を作りました。

 この本のアドバイスを全部取り入れるのは大変だと思いますが、必ず成果はでると思います。騙されたとおもってやってみると良いと思います。お互いに頑張りましょう😊

マンガで成功 自分の時間をとりもどす 時間管理大全

#ADHD #時間管理

 

歯ぎしり

今日は、私自身も悩んでいる「歯ぎしり」について取り上げていきたいと思います。

 

1.歯ぎしりとは

歯ぎしりとは、覚醒時や睡眠時にみられる、無意識に非機能的に上下の歯をこすり合わせたり、くいしばったり、連続的に噛み合わせる習癖のことで専門用語ではプラキシズムとよばれます。それにより、歯がすり減り、歯の知覚過敏, 頭痛や顎関節症などの症状がみられます。

 

国際睡眠関連疾患分類では睡眠関連異常運動症に分類され、睡眠中に歯ぎしりや噛みしめによる不随意運動と定義されています。

 

2.分類

下顎運動の観点から

グラインディング:上下顎の歯をすりあわせて雑音を生じさせる

クレンチング:雑音を生じさせない上下顎歯の強いかみしめ

タッピング:カチカチと上下の歯の動的な噛み合わせ 

医学的な分類

一次性:医学的疾患無し

二次性:睡眠障害, 精神・神経疾患, 薬物などに続発して起こる

 

3.頻度

・11歳以下の小児で14~20%, 18~29歳の成人で13%, 60歳以上の高齢者で3%

  ⇒出現率は経年的に低下する

 (Ohayon MM, et al. Risk facors for sleep bruxism in the general population. Chest    2001:119:53-61.)

4.危険因子

・嗜好物:喫煙, アルコール, カフェイン

・精神心理的要因:ストレス, 不安 

・口腔内環境 (不正咬合, 炎症, 顎関節)

・薬物 (セロトニン再吸収阻害, アンフェタミンなど)

・医学的疾患

・遺伝的要因:一卵性双生児>二卵性双生児

 (HubinC et al: sleep bruxism based on self-reportin a anationwide twin cohort. J Sllep Res 1998; 7:61-67)

 

5.治療

歯科的治療, 認知行動療法, 薬物療法などが挙げられるがいずれも対症療法であり、化学的根拠や裏付けは不純分である

 

他の参考文献

野中和明, 歯並び 歯ぎしり, 小児科 58n(9) 1088-1094, 2017

 

https://teammanabe.hatenablog.com/entry/2024/04/04/051722

 

ACイラストよりダウンロード