消毒液の事故に気をつけましょう

日本小児科学会雑誌では、小児科医が共有したほうがよい事故情報が掲載されます。2022年8月号の学会誌からの報告を共有したいと思います。

以下、学会誌の内容を一般の方向けに簡潔にまとめました。

日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会. Injury Alert (傷害速報) No.114

No. 115 消毒剤誤飲によるエタノール中毒, 日児誌 126: 1211-1213, 2022

 

【事故の概要】

5歳女児 (体重18Kg)。保育園の昼寝時間中に、速乾性手指消毒剤(プッシュ式,スプレータイプ,エタノール濃度 約80vol%)を手に取り、舐めてみることを10回ほど繰り返した後、徐々に目が回り始めた。13時頃、保育士が、児がうずくまっているのを発見。「目がグルグル回る、気持ち悪い」と訴え、体動困難となったため、保護者にお迎えを要請した。16時頃、医療機関Aを受診した際に、傾眠傾向で呼びかけに反応しなくなり、別の医療機関へ搬送されたされ、入院。22時より意識レベルが徐々に改善し、翌日に退院。血中エタノール濃度が高値エタノール中毒と診断された。

 

【解説】

エタノール濃度80vol%は溶液100 mL中にエタノール80 mL含むことを意味します。

 (本製品、1.25mlでエタノール1mlを含む)

・成人ではエタノール約1 mL/kgの経口摂取で軽症から中等症の中毒症状が出現します が,小児では約0.5 mL/kgで重篤な中毒症状が出現すると考えられています。本児の場合は、18×0.5=9ml (本製品だと、9×1.25=11.25ml相当) で重篤な症状が出現しえます。

・本製品は1プッシュ約3 mLであり,4プッシュ程度の消毒剤を誤飲すると重篤な中毒 症状が出現する計算となります。

 

消費者庁より,消毒剤の誤飲や目に入った事故が報告されています

Vol.583 消毒剤・除菌剤の取扱いに留意しましょう。誤飲や眼に入る事故の発生が続いています! | 消費者庁

 

日本中毒センターによると除菌剤や消毒剤が眼に入ったことに関する相談件数が急増しています。子どもが自ら触ったことによる事故が半数を占めますが,残りは,大人が噴射方向を誤ったり,自動噴霧により子どもの眼に入ってしまった事故です。海外では重篤な事例も報告されています。

https://www.j-poison-ic.jp/wordpress/wp-content/uploads/eyeexposure202102_2.pdf

 

 【対応策】

自宅では小さいお子様の手に届かないところに置くのが無難と思います。外では、大人に対して周囲にこどもがいないか確認することを、こどもに対しては、消毒は1プッシュのみ、舐めてはいけないということを、ポスターを用いて注意喚起していくことかなと思います。

ACイラストよりダウンロード

 

 

【発達支援】幼児の食事の支援

 先日、こども発達支援研究で、乳幼児期の食べる事の発達~幼児食の支援 (講師:定金雅子先生)という講演を視聴しました。講師の先生の迷惑にならない範囲で、オーッと思った内容を紹介していきたいと思います。

ACイラストよりダウンロード

・食に関する支援をする前に、どうしてその子にとって支援が必要なのかを考える

 

甘いものでつらない:砂糖と脂肪の味は毎日過剰摂取していると脳内の快楽物質であるβエンドルフィンが増加し、依存性がでてきしまうので注意。

 

新奇不安・恐怖:こどもは見たことのないものや見た目が嫌な物は軽快し拒む傾向がある。他の生活場面でも新奇不安の強いお子さんは、食事場面でも現れやすい。暮らしの中で、自分で見て判断して遊ぶ経験が必要 。近くにいる大人は「食べなくてもいいヨ」というスタンスで

 

食事中の姿勢:良い姿勢のキープは難しいが、良い姿勢をとれる環境を整えておく

むせやすい、食べこぼしの多い、時は、必ず、椅子、机、体が適合しているか確認する。

 

・ずっと座っていられない:覚醒度が落ちてきて食べる事に集中できない。姿勢が崩れる。この場合は、動く目的を与える (お水を自分でおかわりしにいくなど)座位保持クッションや滑り止めマットを使う(姿勢保持に使うエネルギーを食べる事に使う)

 

6つの基礎食品のグループにあるものが1つでも食べられればOKと心のゆとりを持つ

 (同じグループにあるものはほぼ同じ栄養を含んでいる)

https://ameblo.jp/gsalus03/entry-12606313576.htmlより引用

 

その他、勉強になったことがたくさんありましたが、これぐらいで・・。後は外来で一緒に、お子様が食事を取らない背景の推測と今後の作戦を一緒に考えて行きましょう。

 

 

 

お子様の発熱で受診したお母様からの質問「熱は上がったり下がったりするものでしょうか?」

お子様の発熱で受診したお母様より、時々「熱は上がったり下がったりするものでしょうか?」という質問をいただきます。朝は36度台なのに、夜は39度まで上がるというような病歴です。

 

答えは、ウイルス感染症は、体温が上がったり下がったりしながら徐々にピークアウトしていくことがあります

 

 

アトラスさくまという、小児の咽頭所見についてまとめてある名著より引用

させていただきました。

アトラスさくま―小児咽頭所見 | 佐久間 孝久 |本 | 通販 | Amazon

 

また、朝下がったばかりですと、午後に体温が再上昇することがありますので、丸1日(24時間)解熱を確認してから登園しましょう、と説明させていただいております。

 

お母様からの質問 「新型コロナワクチン3回目接種の前に12歳になってしまいました。小児用と成人用どっちなの?」

 今日は、お母様からの質問「新型コロナワクチン3回目接種の前に12歳になってしまいました。小児用と成人用どっちを接種するのですか?」にお答えします。

 このお子様は、11歳で、小児用新型コロナワクチンを接種し、3回目の接種の前に12歳を迎えてしまいました。次は、小児用と成人用のどちらになるのですかという質問で、実際に当院でもあったケースです。

 答えは、「成人用 (12歳~)」です。

 

1回目と2回目の間に12歳の誕生日をまたいだ場合は、2回目も5~11歳用のワクチンを接種しますが、3回目は接種時の年齢に基づき、成人用 (12歳~)を接種します。

 

www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp

 

ピックアップ 新型コロナニュース 舵取りが難しくなるな 2022.9.26~2022.10.2

先週の話題はワクチン中心になります。10月中旬にはファイザー社製のBA・1対応ワクチンがBA・5対応ワクチンに切り替わり、12月?より生後6月~4歳の小児用新型コロナワクチンも開始されます。医療現場としてはどのように運用していくか、舵取りが求められるところです。

 

1.インフルでの学級閉鎖、大阪の幼稚園で1年7か月ぶりに…コロナ禍中はゼロ : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

沖縄県、宮崎県に続き、インフルエンザでの学級閉鎖は3県目。今後の動向に注意は必要であるが、幼稚園1施設で1人の報告なので、まだ流行の始まる兆しとは言えないかなと思います(偽陽性かもしれないし)

 

2.コロナ新語、「黙食」会話へ浸透 文化庁、エアロゾルは定着せず? | 共同通信 (nordot.app)

黙食やおうち時間は日常会話に浸透したようですね。

 

3.アストラゼネカのコロナワクチン 供給を終了 厚生労働省(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

国内で使用されたのはおよそ20万回分で、およそ4400万回分がベトナムなどワクチンが不足する海外に提供、およそ1350万回分は期限切れなどで廃棄され、残りのおよそ6230万回分については供給を受けることを取りやめたようです。

接種対象に限りがあるので使いずらく、ファイザーとモデルナがいち早く浸透したからしょうがないですね。

 

アストラゼネカのワクチンに関する記事 ↓

 

teammanabe.hatenablog.com

 

4.タミフル、ネット処方案が浮上 インフル薬、コロナ同時流行対策 | 共同通信 (nordot.app)

新型コロナとインフルエンザの同時流行対策。発熱した場合は新型コロナの検査キットで自ら陰性を確認した上でオンライン診療を受け、インフルエンザと診断されれば薬局を介して薬を受け取れる仕組みが想定想定されています。

(コメント) 現在は、インフルエンザの検査をしないと、診断して、タミフルなど抗インフルエンザウイルス薬を処方できなかったのですが、それが緩くなり、臨床診断しやすくなるということですね。

 

5.BA.5用コロナワクチン、10月中旬から接種 乳幼児向けは下旬に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

現在、春先に流行したオミクロンBA・1に対応したワクチンの配送が始まっているが、

現在流行中のBA・5に対応したファイザー社製のワクチンが10月中旬より接種開始される見込み。これは、BA・1対応→BA・5対応に切り替わるようですね。

また、6カ月~4歳に使えるワクチンはファイザー製で、11月28日の週までに計約700万回分が自治体に届くようです。

 

6.8日目以降「登園可」でも「感染リスクあり」? 悩む現場の決断は:朝日新聞デジタル (asahi.com)

(コメント) 療養期間7日間は、その後マスク装着など感染対策がきちんとできることを前提に設定されています。未就学児の長時間のマスクの有効な装着は難しいので、私としては10日間の休園にするのがベターと考えております。

 

 

 

 

リモート工場見学

 9/21 (水)に昼休みはMeiji Seika ファルマという会社主催のWebでのリモート工場見学に参加しました。通常なら、昼休みも書類仕事などを対応しないといけなくお断りしているのですが、以前にもお断りしていたことと、「担当が変わる前の最後の仕事ですからお願いします!」という気迫に負けて参加することにしました。

 内容は、ワクチン製造工場で4種混合ワクチンを製造する工程の紹介でした。普段見ることのできない部分でしたので興味深かったです。印象に残ったのは、1) 製造に2年間かかること,  2) すべて機械ではなく、人の目で厳密にチェックしている工程もあったこと, 3) 技術の一部を近い未来に登場する5種混合ワクチンの製造に利用できること,などでした。

 短い時間でしたが、普段何気なく接種しているワクチンがどのように製造されているのかを見ることができ、勉強になりました。とても緻密な製造工程で、ワクチンの不具合が見つかり、出荷調整がかかった時に復旧に約1年も要する理由が分かりました。少しでも不具合を早期発見し、出荷調整期間を最小限に抑える仕組みが構築されれば良いのですが、これは今後の課題でしょうか。

 

 工場の職員の皆様に改めて感謝致します。これからも健康に気をつけて、既存のワクチンの生産と未来のワクチン (5種混合、不活化の新型コロナワクチン)の生産を頑張ってくださいね。

  

 担当のYさん、無事のご出産をお祈りいたします。育児で気になることがあったら相談しにきてくださいね。

 

ACイラストよりダウンロード

 

間違えに注意~もう1つのまなべ小児科 【2022.10.1】

本日、10/1 (土)より当院での今シーズンのインフルエンザワクチン接種が始まります。

予約はだいぶ埋まってきておりますが、今後もワクチンは入荷しますので、慌てずにお待ちください。

 

ところで、この時期に毎年数人の方より、間違い電話があったり、他院の問診票をダウンロードしてきてくださる方がいらっしゃいます。

実は、四国に当院とすごく似ている小児科医院があるのです。

 

高知県のまなべ小児科・循環器科クリニックさんです。

https://manabe-child-clinic.com/clinic.html

https://manabe-child-clinic.com/clinic.htmlより

共通点はたくさんあります。

1. イラストが眼鏡をかけている

2.専門が循環器 (当院の院長は循環器が専門です)

3.院長先生の名前が也 (私の名前が治)

 

なんだか親近感が湧いてきました😊

いつか学会などでお会いしてご挨拶させていただきたいです。