【流行中】RSのきょうだい、ヒトメタニューモウイルス感染症について

1.ヒトメタニューモウイルスとは?

http://www.iph.osaka.jp/s009/content/040/20180104062000.htmlより引用

ヒトメタニューモウイルス (human metapneumovirus: hMPV)は、2001年に発見された比較的新しいウイルスです。

RSウイルス (RSV) のきょうだいウイルスです。どちらも同じニューモウイルス科です。RSVはオルソニューモウイルス属, hMPVはメタニューモウイルス属に分類されます

・初感染は生後6ヶ月頃より始まり、2歳までに50%, 5歳までに75%, 10歳までに1度は

 すべてのこどもに感染します。

・RSウイルスと同様に再感染をします。

子どもの呼吸器感染症の原因ウイルスの3~17%を占めると考えられています

高齢者にも気道感染症を引き起こします。

・通常は、2~6月に流行します。

伝播様式は、接触感染と飛沫感染です。

 

2.ヒトメタニューモウイルスの症状は?

・潜伏期は4~6日

・症状は、発熱, 咳嗽, 鼻汁が中心。喘鳴をみとめる場合もあります。

発熱は5日間ほど続きます。

ヒトメタニューモウイルス感染症の経過

 

3.ヒトメタニューモウイルス感染症の治療

・ヒトメタニューモウイルスに対する特効薬はありません

・解熱剤や去痰薬など対症療法を行いながら、自然軽快を待ちます

・元々、気管支喘息を有する児は、気管支拡張薬の吸入やステロイド内服が有効な事が あります。

 

以下の状況になったらすぐに再受診をしましょう

・ぐったりして、水分摂取ができなくなった時

・咳き込み嘔吐が目立つとき

・咳嗽により眠れなくなった時

・呼吸が苦しそうな時 (呼吸数が増え、右図のような呼吸)

   連日、裸の状態で呼吸を観察していくと変化がわかりやすいです

f:id:teammanabe:20210307062720j:plain

4.いつから登園可能?

休園期間について、明確な規則はありませんが、症状のピークを過ぎて咳嗽が目だたなくなったら(おそらくその頃には感染力は消失)登園可能と考えられます。

 

参考文献

1.橋本 浩一, 【ウイルス感染症気管支喘息】RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスと喘息, 臨床とウイルス. 2021.12;49:243-250.

2.菊田 英明, 【気候で変わる子どものウイルス感染症】春に流行するヒトメタニューモウイルス, チャイルド ヘルス. 2019.09;22:662-665.

3.鈴木 英太郎, 【子どもの感染症「すべきこと」「すべきでないこと」】抗原迅速診断はだれにする? RSウイルスとヒトメタニューモウイルス, チャイルド ヘルス. 2018.09;21:646-649.