日本と海外のインフルエンザ接種の違い vol.2

各国のインフルエンザワクチンの接種状況を紹介します。

国により様々ですね。

 

日本

生後6か月~3歳:0.25ml/回×2回

3歳以上13歳未満:0.5ml/回×2回

13歳以上:0.5ml/回×1回

 

アメリ

生後6か月以より定期接種

初年度は4週間以上の間隔で2回, 以後の追加は年1回

 

イギリス

2~10歳が定期接種対象 

経鼻生ワクチンを1回接種するのが特徴

慢性心疾患など比較的重篤な基礎疾患を持つ児は4週間以上の間隔で2回接種

免疫不全などで経鼻生ワクチンが使用できない児は、不活化ワクチンを初年度は4週間以上の間隔で2回, 以後の追加は年1回

 

※日本ではまだ経鼻生ワクチンは使用されておりません。来年は、当院も少し輸入して希望の方には接種を検討できればと思います。

 

中国

生後6か月~8歳まで年2回の不活化ワクチン接種を推奨

 

韓国

生後6~59カ月は定期接種

 

オーストラリア

全ての小児にインフルエンザワクチン接種を推奨

 

ブラジル

全年齢層でのインフルエンザワクチンを定期接種として推奨

5歳までは毎年2回接種

 

f:id:teammanabe:20201103054740j:plain

各国におけるインフルワクチン接種  文献1)より引用

国立感染症研究所のHPで、6歳未満ですが、インフルエンザワクチンは1回接種でも有効という記載を見つけました。

6歳未満児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2013/14~2016/17シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として)

表を詳しく見ると、1回接種と2回接種の効果は同等と思われます。

 

参考文献

1) up-to-date 子どもの感染症 2020 vol.8 p.16-17.